只今、ウェブサイトの大幅な更新中につきまして、
表示が乱れる事も、表示内容が欠ける事もございます。
どうか、ご了承下さい。

センテンス・ブロックは楽しく学べる、画期的な方法です。

Fona Schoolでは、従来の学校での英語の教え方とは全く違った、センテンスブロックという考え方で、本当の英語を教えます。センテンスブロックとは英語のセンテンスを【who】【what】【where】【when】【why】【how】の6種類の情報ブロックに分けることです。そうすることで英語の文法を全部、筋の通った分かりやすい形に整理し直しました。このFona School方式で学習することにより、英語の読み書き、また英語の聞き取り、英語で喋ることができるようになります。

これまでの英文法の概念が根底から覆されると言っても過言ではない。それがセンテンスブロックを使った英語習得法です。中学校から習ってきた、svo式英文の理解の仕方では到底英語を理解できるわけがありません。本当に英語を理解したい、ネイティブのように話せるようになりたいのなら、センテンスブロックの考え方で英語を学ぶ方が断然効果があります。最初は慣れるまでは正直努力が必要ですが、同じ努力をするなら確実なものであることと、結局は近道であったということが後々わかって頂けるものと確信しております。

しかし、一見簡単なので、解っていることだよと思い、つい注意を払わないで読み進んでいくというのが落とし穴かもしれません。今持っている知識を一度全部取り払って、まっさらな状態でじっくりと読み、理解して下さい。

なぜセンテンスブロックが良いの?

ネイティヴが英語を話す時は「誰が」「何をした」「いつ」「どこで」「どうやって」などの情報のかたまりを並べて話しています。そのかたまりをブロックと呼んでいます。そうやって並べたセンテンスブロックでコミュニケーションをとります。センテンスブロックの考え方はどの言語の学習においても最も筋の通った学び方になります。英語の学習においては尚更です。センテンスブロックの考え方で学ぶのが最も良いというのは下記の理由からです。

  • ネイティヴは従来の文法ではなく、センテンスブロックで考えます。ネイティヴは言葉を覚え始めの頃から、母国語をブロックで考えるし、ブロックで育っていきます。
  • 英語においては、1つのブロックそのものが短い表現にもフルセンテンスにも全くそのままで使われます。それぞれのブロックが作れるなら、それぞれのセンテンスも作れるのです。
  • ブロックで考えることや「who」ブロックと「what」ブロックが中心であるという認識が、ネイティヴの考え方をするためのカギです。ネイティヴの考え方になれば、ネイティヴのしゃべり方にもなります。
  • 従来の文法は、英語を使ったり把握したりする目的に役立つのはゼロに等しいと言えます。一方、センテンスブロックの考え方はほぼ全てを網羅します。
  • センテンスブロックの考え方を忠実に導入すれば、英語が最も早く、正確に、且つ着実に上達することが保証されます。