只今、ウェブサイトの大幅な更新中につきまして、
表示が乱れる事も、表示内容が欠ける事もございます。
どうか、ご了承下さい。

50代女性 ★★★★★
2022-12
 私は、2019年12月から、2021年2月までは、月3回 個人レッスンを受講していました。  FonaのテキストはJim先生が、英語と日本語という言語を深く研究した上で、出来上がったもので、独自に開発されたものです。Jim先生が日本語を習得して行きながら、英語との違いも深く探究して行きながら、Jim先生が掴んだことが記述されています。  私は、受講して行きながら、全く英語という言語のことをわかっていなかったことを知りました。同時に日本人でありながら、全く日本語という言語に対して無関心な自分も見えてきました。  以前私は、他の英会話スクールに通っていたことがあります。先生は全く日本語がわからないネイティブの先生でした。初級コースから始めて、中級コースまで行きました。会話が弾むくらいにまでなりました。このとき、自分は出来る。と思っていました。しかし、今、思うと当時の先生が、英語がわからない私の日本人の英語を汲んでくれていたのだったとわかりました。日本語がわからない先生ですから、間違っていても教えることが出来なかったのだとも、思います。  Fonaでは、今まで私が受講した英会話教室での欠点を100%カバーしていると思います。毎回、新しい発見があり、目から鱗で楽しく、そして、英語が身についているのが、わかりました。 Jim先生は何回も根気よく私がわかるまで指導してくれて、私が理解できると一緒に喜んでくれました。  そこで、Fona Positive Progress Programを受講することにしました。自分の英語のレベルが上がっているのを感じていたし、何よりもFonaのテキストが信頼できたからです。  週一回の授業の他に、毎日、英語でe-mailを5行以上書いて送るように言われました。最初は、週2回、5行書くのが精一杯でした。7か月過ぎたころから、ほぼ毎日10行以上は英語でe-mailを送ることができるようになりました。さらに、知らないうちに、テレビから流れてくる英語もしっかりと聞き取れるようになっていました。さらに、電車の中や駅のホームで、外国人観光客とすれ違ったとき、彼らの話している内容が聞き取れるようになっていました。知らず知らずのうちに英語力が上がっているのを感じました。  月3回受講していたときと比べて、毎日英語に取り組む時間を作れるようになったことが良かったです。月3回のときは、受講した日しか英語に取り組んでいませんでした。つまり、月3回しか英語に触れてなかったのです。  毎日、積み重ねていくことで、確実にレベルが上がっていることを感じています。それがとても嬉しいし、自分の自信にもつながっています。 なんでそんな風に思うのかというと、受講中に、自分はどうしたい?どうなりたいのか?何で英語を勉強したいのか?自分の内面を探究して、未来の自分を考える。そうゆう課題がありました。その課題に正面から取り組んだからです。その影響が大いにあります。  その課題に取り組んだとき、私は、最初に月3回Fonaで勉強を始めてから私の目標は、英語もっと流暢に話せるようになりたい!が目標だったことを思い出しました。最初のFonaの無料体験レッスンの時に、Jim先生の最初の質問が、よしのは 「どうなりたいの?」 「何が目標なの?」と言われて I can speak English fluently.と答えた自分を思い出したのです。また、同時に、「そんなの無理かも!いつかはそうなるかも知れないけど今は無理だ。」とか半分諦め。半分人任せな自分になっていたことにも気づきました。  これでは英語を話せるようにはなりません。英語を話せるようになりたいのは自分なんですから、誰のせいにもできないのです。自分が責任をもち、自分で道を切り開いて行かなければならないのです。そんな気持ちが湧き上がってきました。  そんなとき、朝、散歩してたら、明らかに観光に来ていると思われる欧米人男性2人組とすれ違いました。私は、彼らに勇気を出して〝Hello! Where are you from ? “ と話しかけました。すると、彼らは”Finland.”と答えが返って来たのです。私は、その答えにびっくりしました。まさかフィンランドの人だとは思わなかったからです。そして、頭が真っ白になって、次に何を言ったらいいのかわからなくなってしまいました。そのことをJim先生に言ったら、そうゆうとき、何を言ったらいいか?テキストに載ってるよ!と言われて今まで真剣に取り組んでなかった自分に気がつきました。テキストを見直して、〝よし!今度はこんな風に言ってみよう!“ 状況をシュミレーションして準備しました。  次のチャンスはすぐにやってきました。2週間後、アジア人の男性に駅で英語で話しかけられました。自分の持っている切符の電車がこれでいいのか?という質問でした。私は、そのとうりだったので、YES.と答えました。彼はThank you.と、答えて立ち去ろうとした瞬間に私は“Where are you from?と聞いたのです。すると彼はまた戻って来て”Malaysia.“と答えたのです。それから、マレーシアに来たことありますか?と英語で聞かれました。その英語がはっきりクリアに聞き取れました。それが自分でもびっくりしました。彼の行き先は、途中乗り換えて、その駅で特急券を買う必要がありました。そのことも英語で説明しました。とても喜んでもらいました。私は、人の役に立てたことで、とても幸せな気持ちになりました。Fonaで勉強してきた成果を実感出来ました。もっと勉強しようという気持ちにもなりました。  このような経験の積み重ねから、私は、今、英語を流暢に話していて、世界で活躍する。そんな未来の階段を一段一段確実に上っている。そんな自分がはっきりと見えて来ているのです。こんな風に英語に取り組む私の内面まで、指導してくれる英会話スクールは他にはないです。
70代女性 ★★★★★
2022-09
びっくり!「なるほど」の連続  こんなにも分かりやすい学習方法に出会ったのは初めて。それは、「センテンスブロック」という考え方。  学習を進めていく中で、「なるほど」「そうなんだ。」という驚きの連続。頭の中の霧がスーッと腫れていくような感覚。  今までいかに日本語脳で考えていたか。頭の中で英文を組み立ててから話そうとしていたので、なかなかアウトプットできなかった。  しかし、この学習方法をマスターすれば大丈夫。私も話せるようになるのではないかと・・・・・・  さえ子先生もとてもフレンドリーで、そしてチャーミング。毎週の学習が待ち遠しいです。
40代女性 ★★★★★
2015-07
日付:Wed, 15 Jul 2015 11:57 件名:ありがとうごさいます! こんにちは。 いつも授業では、英会話のレッスンでお世話になっております、玲菜(母 有規子)です。 今日は、とても嬉しくてお礼が言いたくてメールしました。 中学校2年生の玲菜が、英検準2級試験に合格しました! こちらの英会話に週2回通っていたおかげです! Lai先生のセンテンスブロックの授業では、 ・事実を言うときは、動詞を現在形にし、今しているところだったら現在進行形で言うこと、 ・He, She, Itのときは動詞にsをつけたり違う言い方で発音すること、 ・前置詞の付け方、 ・名詞の複数形にはsだけではなくいろんな言い方があること、 など、細かく文法面や、発音の微妙な違いなどを丁寧におしえていただきました。 Yukat先生の上級英会話の授業では、 まず基本的な答え方、
Do you ~ で聞かれたら、Yes, I do. か No, I don't. で答えたあと、 Why ~ で聞かれたら Because ~ で答えるということを繰り返し練習させていただき、
毎回の授業内容は多岐に渡っていて ・イソップ童話を朗読・読み解くことで、ことわざを教えていただいたり ・最近のニュースを題材にして、生徒一人ひとりが、そのニュースについてどう思うか答えさせたり ・ゲーム形式で二択をさせ、どちらが好きか、またそれはどうしてか を答えさせたり と、生徒が今日は何をやるのかワクワクさせるような工夫をしていただきながら、会話をつなげていく方法を学ばせていただきました。 英検準2級の二次面接試験では、 ・文章の朗読テスト ・イラストを見せられて、イラストに描かれている人物が何をしているところか答えるもの ・時事問題について、あなたはどう思うか をテストされます。 そのため、お友達からは、中学生で二次面接試験を初回で合格するのは難しいと聞いていました。 しかし、面接試験の前日の土曜日Yukat先生の授業で、ラッキーなことにひとりずつ前に座らされて一人10分間の持ち時間でほかの生徒たちからフリーで質問されたことに答えるというのをやりました。 その時に玲菜は、声をもっと大きくだすこと、自信をもって答えることを練習しました。その甲斐あって、翌日の二次面接試験では、あまり緊張せずに、試験官の質問を注意深く聞き大きな声で慌てずに答えることができたと言っています。 授業では、いつもシャイだと言われてあまりよく答えられなかった玲菜が英検準2級の二次面接試験に一発合格できたなんて、信じられません! 本当に先生方の素晴らしい授業のおかげです。 どうもありがとうございました。
30代女性 ★★★★★
2015-06
これって何て言うんだろう? 英語で「これを伝えたい!」と思うことがたくさんあります。 Fona Schoolでは、その答えを根拠を持って教えてもらえるため、一つの単語、文章を知ることで様々な場面で応用することができるようになりました。 今ではこれって何て言うんだろうっていう疑問を持つことが楽しくてしかたないです! 言葉で繋がるって楽しい!これからもよろしくお願いします!
70代男性 ★★★★★
2015-05
爽やかな平等感 私達の英会話教室は、担当のジム先生に対して、「ジムさん」と言ったら叱られる。生徒さん達に対しても、ファーストネイムかニックネイムで呼びあう。私の名前は信明なので「ノブ!」と呼ばれる。当初は、「ジム!」「ヨシコ!」「サチコ!」と呼び捨てにすることにかなりの抵抗があったが、半年、一年過ぎると、それが当たり前になった。なんとも言えない平等感と親しみを感じるのである。 先般、高校時代の同窓会があった。私は開会の冒頭で、英会話教室での体験を紹介し、宣言した。『俺は今まで、同級生に対して「〇〇くん!」「〇〇さん!」と呼んできたけど、そのポリシーを捨てた。これからは呼び捨てにしたいと思う。いいだろうか。ご了承ください!』と。席を移動しながら、「ヨシオ、しばらくだな。」「ユウコ、綺麗だな。笑顔がいいな。」と言った時の清々しさは感動だった。初めて、憧れのマドンナを「ユウコ!」と呼び捨てた・・・ウフフ。 英語を学ぶことは、一人の裸の人間としての付き合い方を学んでいるような気がする。
30代男性 ★★★★★
2015-03
こんにちは。 仕事やプライベートでの英会話の必要性を感じ、Fona schoolに通い始めて2年になろうとしています。週に一回家族と共に通っています。アットホームな雰囲気で自分のペースに合ったレッスンをしてくれるのでとても助かってます。 最近家族とディズニーランドに行ったのですが、アトラクションの列に並んでいると前に並んでいた中国の方から突然英語で質問をされました。突然でしたので始めは身構えてしまいましたが、スムーズに受け答えすることができました。 週に一度のレッスンでも英会話力が上達していたことを実感しています。
30代女性 ★★★★★
2015-02
留学を経験して、その後の英語力継続のためにFona Schoolへ。 継続だけでなく、どうしてその前置詞を使うのか、どうしてその単語なのか、その根拠から教えてもらえるので今では英語力の向上まで! 最近海外旅行へ行きましたが、現地の人とおしゃべりを楽しんだり、今でも連絡を取り合って近状報告を楽しんでいます。 言葉で繋がるって本当に楽しいです!
50代女性 ★★★★★
2015-02
2014年3月に帰国後、英語をしゃべる機会は全くなかったけど、去年(2014年)の10月に迷子の子供を探している外国人に声がけして、無事子供を見つけることが出来たよ。 そのお母さんは、「周りの人に聞いても誰も英語をしゃべれる人がいない」って半狂乱になっていたんだけど、私の使った英語は至って簡単。 - "Are you looking for your child?" - "When did she lose her way?" - "Where?" - "Tell me her character." - "How old is she?" - "What color does her hair?" - "Calm down, please." - "I'll search near here with you." - "So if we can't find her, I'll call a police. OK?" 最後の文章を除いて、センテンスブロックだよね(笑)What、How、Whereとかが、頭の中でブロック(箱のかたまりのイメージ)として視覚的に浮かんできたよ。 文章はいい加減だったけど、とっさに話しかける事に何も抵抗は感じなかった。ヘタな英語で恥ずかしいとか、伝わらなかったらどうしようとかね。 困っている人に対して、自分が何かできるかという気持ちと行動力が大事だよね。そして「私は英語のネイティブじゃないんだから、ヘタで当たり前」という考えが大事だと思うよ。
50代女性 ★★★★★
2015-02
英語を聞いて理解するのも日本語を英語にするのも難しい!これまで何度挫折してきたことでしょう。 しかしセンテンスブロックという画期的な考え方で、英語のしくみをわかってからは、もしかしたらいけるかも!と続けるうちに、英語を学ぶ事が楽しく面白くなってきました。それはやはりわかるから。何故そうなっているのかがわかるから。暗記でやってきた学習ではなくて、しくみがわかると応用できる。これは凄い!!とほんとに思います。 学校の英語もこのやり方で教えれば、後でやり直し英会話を勉強する必要がないのに・・・。
30代女性 ★★★★★
2013-12
私が、Fonaと出会ったのは、去年の秋でした。 全くと言ってよいほど英会話力がなく、海外旅行へ夫婦で行っても英会話が成り立たないため楽しいはずの海外旅行もストレスとなってしまいました。 そこで英会話を始めようと思い、色々なSchoolに電話したり見学へ行ったりした結果、Fonaを見つけました。 ここでのレッスンは、講師が皆、外国人であることと、自分の好きな時間に合わせてレッスンが受けられるというところに魅かれました。 大手の英会話学校だと、スキルUPだの検定だの毎回試験だのといったように、それだけのため追われて受けるようなレッスンは自分の性格上、合わないので、とにかくマイペースで、ゆっくりと楽しみながら身に付けて行きたいと思っていたのでFonaは、そんな私にピッタリだったので、決めました。 先生方も1人1人が個性あり、また生徒に合わせたレベルでレッスンをしてくれるので毎回、楽しくレッスンを受けています。
40代男性 ★★★★★
2013-11
Fonaに行くようになってまだ5回、未だに英語に対しての不安や苦手意識が残っています。そんな中もう1つ、新たに自分の中で英語の面白さも感じられるようになってきました。 Fonaは今までナゼ英語がきらいで、ナゼ英会話が難しく思えてしまうのかを解らせてくれるきっかけになりました。 学校で習った英語や、参考書の英語ではなく、実際に英語を日常会話として使っている人の気持ちになれたこと。知らなかった英語の世界がそこにはありました。 ただ学ぶのではなく、感覚や考え方も知り、話すことの楽しさも増す。先輩受講生が実際に会話する場所が欲しいと言っていた気持ちがわかる気がします。 いつかは自分もと思いながら、今はテキストの次のページをめくるのを楽しみにしている自分がいます。
30代女性 ★★★★★
2010-05
夫婦で海外に行くのが好きなのですが、年々考えるようになって来たことは、英会話ができないという不自由さにもどかしさを感じ始めFonaに通うようになりました。 初めは、自分があまりにも話せないのと単語を知らなさすぎにショックでしたが、Fonaは、個人レッスンもあり先生とマンツーマンで、じっくりレッスンが受けられます。 ここまでは、どこの英会話学校でもよく見かける光景ですが、Fonaではそのひと個人に合ったレッスン方法を先生が見出してくれて、テキストもその人に合ったものを用意してくれます。 分からなければとことん教えてくれますので、全くの英会話初心者の方でも安心してレッスンに望めます。
40代女性 ★★★★★
2008-04
小3の娘が、メンテナンスコースのプライベートレッスンを受講しています。 始めるにあたっては、はたして外国人の先生と二人きりで過ごすことができるのか、途中で飽きたり嫌になったりしないかなど、心配しましたが、もし娘に合わなかった場合はいつでもグループレッスンに変更できる、という柔軟な対応に、安心してスタートすることができました。結果的には、そんな心配は無用で、クイズやゲームをしたり、工作・絵を描いたりと、常に子供の興味を引くように工夫された内容で、娘も、勉強するというよりは、先生と一緒に楽しむために、先生の言葉に耳を傾けたり、少しでも自分の考えを伝えようとしているようです。困って黙り込んでしまうような場面でも、先生が、上手に、そして何より、根気強く接してくれています。娘のように、まだ受験などの目的がない小さな子供には、長続きさせるためにも、楽しく通えることが一番だと思います。
30代女性 ★★★★★
2008-03
Fonaでは「Improvementプログラム」と「Maintenanceプログラム」の2つのコースがありますが、私は個人レッスンを受けており、その中の「Improvementプログラム」というコースで学んでいます。 このプログラムは、英会話を基礎から学びたいという人の為のもので、発音の基礎から入り段階を踏みながら進んでいきます。また外に実際に出て簡単な英会話をしながらの実践的なレッスンはオリジナリティがあり魅力の1つです。 スキルUPや検定といったものを強要されることもなく自分のペースで楽しく学べるところが好きです。
40代女性 ★★★★★
2008-01
英語の勉強を始めてから3年も経つのになぜ話せないのだろうかと疑問を持つようになりそんな時Fona Schoolの存在を知りました。 レッスンを受けて4ヶ月になりますが当初驚きと疑問に感じた事があります。先生のそばにはいつもパソコンがありレッスンの最中時々キーボードを打っている・教科書を使わない・文章の区切り方・品詞の説明をとても詳しくしてくれる。それらのレッスンは私にとって初めての体験でした。Jim先生の授業の意図が理解できずに私からもレッスンに対する希望を率直に話しました。私の要望を受け入れてくださり何回か実施してくださいましたが先生のレッスン方法は変わりませんでした。ある日暗記だけの勉強はやめたほうがいいとはっきり言われ私はかなり落ち込みました。なぜそのような事を言うのかわからず理由を伺いました。 下記はJim先生が私の為に送って下さった文章です。
本当の意味で自分のものにする勉強を暗記で止まれば絶対良くないと思います。「暗記するのはやめてください」と強く言ったのは「暗記だけして、それで満足しないで下さい」。暗記が必要な段階も確かにあります。但し、暗記の後には必ず把握して自分のものにする段階も必要です。そして、ある程度のスキルができると、暗記をせずにいきなり把握して自分のものにする事ができるように成ります。 私のやっていた事は暗記でしたので本当にその通りでした。暗記だけではいけない事それは理解できましたが把握し自分の物にするにはどうしたらよいのか残念な事にその時はわかりませんでした。 しかしこの事がきっかけとなり私の心の中で変化がありました。 レッスンについての疑問(意図がわからない)はありましたが私の事をこれほど見てくれているJim先生を信頼してレッスンを受けようと思ったのです。 宿題は文章を書いてくることがほとんどです。ある時自分の書いた文章の単語を言われたのに私はわかりませんでした。あなたは自分で書いたのになぜわからないのかと言われてしまいました。今思えば恥ずかしい事ですが文章を完成してしまえばOKという楽な方法でやっていた結果自分のものになっておらず文章を書いただけで終わっていました。理解していなかった私に先生は再度言ってくれました。「自分のものにするには心で感じながら勉強して下さい」その言葉は私にとても重要な事でした。その時言葉の意味が本当に理解できたのです。そして私の疑問が解けました。文節の区切り方・品詞をきちんと理解していないと文章を組み立てる事ができません。よって話すことも出来ないのです。また文章を書く事により自分がどの程度理解したのか明確になります。理解出来ていないと再度宿題を出してくださるので習得できるまで取り組むことになります。レッスン中パソコンを使っているのは私が理解できなかったことやわからない単語などを瞬時に記録している為です。先生は私に見せてくださいました。PCは先生の秘書のようですね! レッスンの中で理解していない所や習得不十分の所を確実に見つけ拾い上げてくださるのでそれが私専用の教科書になっているようです。 文法の説明をまず英語で次に日本語で説明してくださいますが当初英語で説明を聞くのが難しくてはっきり言って嫌いでした。しかし先生の意図が理解できてからは難しいと感じる事に変わりありませんが嫌いではなくなりました。大切な事を聞き取らなくてはと臨むようになりました。それはとっさに話せるようになる事に結びついていると感じたからです。その大切なレッスンをこれから向かい合って挑戦していきたいです。 習得するための私のレッスンはまだ始まったばかりです。 Jim先生のおかげでとても大切な事に気づくことができました有り難うございます。 とても感謝しております。